マチノ木では食材について下記の取り組みをしています。

できるだけ添加物を使用しないよう、お食事やお菓子は手作りしております。 食材についてはいろいろなご意見があるかも知れませんが、わたしたちはお客様に安心してお食事を楽しんで欲しいという思いがあり、わたしたちが良いと思ったものを提供させていただいております。


ベクレルフリーな食材を使用しています。

マチノ木の食材は放射性物質の厳しい検査をしたものを使用しています。(ゲルマニウム半導体検出器にて測定し、3Bq/kgを検出限界値とする) もしくは産地を北海道と石川、富山、福井、滋賀、静岡を含めそれより西に限定して使用しています。(一部外国産を使用する場合がございます。)

精製された白砂糖は使用しません。

精製された白いお砂糖は、血糖値を急上昇させます。マチノ木では白砂糖を使用せず、きび糖や黒糖、てん菜糖を使用してお食事やお菓子を作っています。 テーブルの角砂糖はてん菜糖です。また、手作りのガムシロップと、ケーキにトッピングしているホイップにもきび糖を使用しています。

非加熱の自然塩を使用しています。

精製塩や再生塩ではなく、海水を天日干しし、乾燥させるという昔ながらの製法によって作られた自然塩を使用しています。ミネラルを含んでいるので、まろやかな塩味があり、料理にも適しています。マチノ木では、ベトナムの塩を使用しております。ベトナムでは、自然環境が日本より優れていますので、昔ながらの塩田が今も活躍しています。

遺伝子組み換え食品は使用しません。

マチノ木は、遺伝子組み換えをした食品は使用していません。特に菜種油は、化学処理を施さず昔ながらの「圧搾法」で取り出された非遺伝子組み換えのものを使用しています。

独自でブレンドした雑穀米です。

白米、玄米、黒米、もちきび、胚芽押し麦をバランス良く配合しています。雑穀米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを含んでおり、白米だけよりも血糖値が上昇しにくいので体に優しいです。

お菓子作りの材料は主に北海道産です。

お菓子作りに欠かせない食材は、主に北海道産のものを使用しています。(卵は静岡県産のものです)